ハイエースキャンピングカー、乗ってみた!

2020年にハイエースキャンピングカーを購入した小学生二人のママのブログ

二度目の車中泊 ルーフについて寒さ以外にも心配なこと

冬場の車中泊、もう一つ心配なことに気づく

二度目の車中泊において、これからの季節にポップアップルーフで眠るには、プラスαの寒さ対策が必要だと実感したのですが、

 

smart-campervan.hatenablog.com

 

もう一点、とても心配になったことがありました。

それはこちらです。

 

ポップアップルーフ内に水滴が!!

 

f:id:smart_campervan:20201108115013j:plain

 

まだ本格的な寒さではないので僅かではありますが、結露!!!

考えてみれば、11月にテント泊した際など、内側がびっしょりなのは経験があったのですが、キャンピングカーを購入する際には、結露のことは完全に頭から離れていたなと思いました…。

 

ポップアップルーフとテントとの違い

キャンプでテント泊した際に結露で濡れてしまったときも、多少拭いたりはしていたのですが、たまたま天候に恵まれていたのか、ほかの撤収作業に勤しんでいる間に、いつの間にか乾いてくれている印象でした。

ですが、今回の民パークのようにただ場所をお借りして車中泊した場合などは、撤収に時間はかからず、起きたら出発という流れのほうが多いと思います。

出発するときにはポップアップルーフを畳まないといけないので、

自然乾燥させる時間がない!!

乾燥させないで畳み、放置させてしまったらカビが生えてしまうので、これからの季節に車中泊する際は、結露を除去する作業を頭に入れておかないといけないようです。

 

出かけた先でルーフを立ち上げて乾燥させることができればいいのですが、なるべくこまめに除去しておくのが理想かなと思います。考えているのは、

 

  ● 除湿剤を置く

  ● 銀マットを壁に貼る

 

ポップアップルーフテントは、ウェットスーツのような生地で、多少は水分をはじいてくれていました。取り急ぎは、結露拭き取り専用のタオルを数枚常備しておかないと。

 

当然ながら…車内の窓の結露対策も必要となります。

 

f:id:smart_campervan:20201110152357j:plain

結露イメージ

 

窓に関してはウェブ検索で対策が出てきましたので、参考にさせていただき、同時進行で対策を進めていこうと思います!

 

(参考)グーネットさん等。 

www.goo-net.com

 

冬の車中泊は結露との戦いとなりそうです!

ポップアップルーフの対策については、これから実体験を交えて書いていきたいと思います。

 

 

読んでいただきありがとうございます!!

こちらに応援のクリックをいただけると嬉しいです^^

↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村