ハイエースキャンピングカー、乗ってみた!

2020年にハイエースキャンピングカーを購入した小学生二人のママのブログ

ハイエースキャンピングカーに一年乗ってみて、イマイチと思うところ、変わったこと!!

ハイエースキャンピングカーZelt CPで一年間走ってみて

前回は、ハイエースキャンピングカーにして良かったことをお話ししたので、今回は、「う~ん」と残念に思ったことから、お伝えしていきたいと思います。

(前回の記事はこちらです)

↓↓↓

smart-campervan.hatenablog.com

 

「う~ん、やっぱりここはイマイチ…」と思うこと

”走行性”

我が家のハイエース、走行性の面では、どうしても以前の車(SUV車)と比べてしまうことが多いです。特に気になったのが、以下の3点です。

急な坂が大変

THEO家の周辺は、急な坂はないので、日常使いで困ることはないのですが、キャンプや旅行などでは、山道や急な坂を通らないといけないことがあります。

こちらで当時の体験をお伝えしていますが、我が家のハイエース(二駆)は急な坂をスムーズに登ることができません。

「ぶうぅぅん…ぶうぅぅん…」と唸りながら一生懸命登っていきます。

  f:id:smart_campervan:20211007150233p:plainf:id:smart_campervan:20211008142539p:plain

 

ふんばり(振動)が伝わってきて、運転していないこちらにも力が入り、乗っているだけなのに少し疲れてしまいます ^^;

 

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジのキャンプ場を訪れた際のこと。

行かれたことのある方はご存知だと思うのですが、フリーサイトで、急な斜面を登った先にもサイトがあります。

      f:id:smart_campervan:20211008145637j:plain

      (YMCAにて撮影)

「一番高いサイトに設営したら、さぞかし眺めが良いのだろうな…」

と憧れ、頂上を試みた(設営時は乗り入れできるので)のですが、我が家のハイエース、タイヤが空回りして、斜面に歯がたたず、たどり着けませんでした…(--)

「これ、前のSUVだったら行けたよね…」

「うん、余裕だったね…」

f:id:smart_campervan:20211007150803p:plainf:id:smart_campervan:20211007150815p:plain

という残念ムードが流れた瞬間でした(涙)

 

カーブのとき左右にふられる

車には疎いので、仕組みはよくわかないのですが、山のくねくねした道など、急カーブの際の身体の左右への振られ方が、以前の車よりもきつくなっているように感じます。

f:id:smart_campervan:20211007170807j:plain

by Uwe Hoh, Pixabay

普段、乗り物酔いはしないのですが、伊豆の山道を通った際には、さすがに少し嫌な予感がして、携帯を見る手をとめました。

乗り物酔いしやすいお子さんと乗るときは、ちょっと覚悟が必要かもしれません…。我が家も、上の子が酔いやすいのですが、このときはたまたま寝ていたので、セーフでした。でもいつか、惨事が起きそうな予感です。

 

高速で、どんどん抜かれる

車を替えてから、追い越し車線を走ることが減りました。

普通に走っているだけなのに、スピードが出なくてどんどん抜かれます。

とはいえ安全運転、大事ですね d(^^)

 

マンション住まいでキャンピングカーを保有するゆえの苦労

購入当初の記事でご紹介しておりますが↓、我が家はマンション住まいです。

smart-campervan.hatenablog.com

 

マンションの昇降式駐車場、サイズの問題はクリアできたのですが、重量がアウトでした。ハイエースではなく、キャンピングカーゆえにですが、制限重量を若干超えてしまいました。

そのため、歩いて5分くらいの平置き駐車場を借り直し、マンションの駐車場よりも、月々の駐車場代が少し上がりました。

また、キャンプのときは、マンションの近くに車を停め、荷物の乗せ降ろしを行います(夫の作業)が、この「車を一度持ってきて…」のプロセスが追加になったので、手間が増えたのではと思っています。

夫に確認すると、「特には気にならない」とのことなので、感じ方は個人差があるのかもしれません。

私は出不精でフットワークが重く、マンション内のゴミ捨て場までゴミ捨てに行くのも、目の前の店舗に買い物に出かけるのも、億劫だなと思う人なので…^^;

 

ハイエースキャンピングカーに一年間乗り、ふり返ってみて「ここはイマイチだなぁ」「前の車のほうが良かったなぁ」と感じるのは、以上のことです。

ただこの一年、例年とは異なる過ごし方をしている部分も多くあるので、また新たに気になることがあれば、随時お伝えしていきたいと思います!

 

続いては、ハイエースキャンピングカーに乗るようになり、考え方が大きく変わったことが2つあったので、ご紹介します。

 

ハイエースキャンピングカーが変えた、考え方

車が自分にとって身近な存在に

THEOの場合、ハイエースキャンピングカーに乗るまでは、”車=自分の領域外”となんとなく思っていました。

運転もしないので、とにかくよくわからない存在でした。

例えばですが、

「なんか車体汚れているな~」

「子供たちが食べこぼしたものって、どこに入り込んじゃってるんだろう…」

と気になっていても、シートの何が取り外せて、どこまで自分で掃除できるのかも分からず。

夫に、「洗車したら?」と提案しても、「どうせすぐ汚れるから」と面倒がられ…

仕方ないか~と、なんとなく見て見ぬふりしてしまっていました。

   f:id:smart_campervan:20211006120007p:plain

ですが、ハイエースキャンピングカーに乗り換えてから、

  • 中古車を探したり、実物を見たり、購入時点から関わったことで愛着が湧いた!
  • ハイエースは中の作りがシンプル(特に我が家のZelt CPは、乗用車に敷かれているようなマットもなく、シートの作りも簡易)なので、掃除など手入れがしやすい!
  • 白い車体を選んだこともあり、なるべく綺麗な状態をキープしたいと思った!
  • キャンピングカーは、単に移動手段というだけでなく、居住空間(第二の家)でもあることから、自分のものとして捉えるようになった!

といったことが重なり、”夫の車”ではなく、”家族の車”として、考えられるようになりました。

 

例えば、家族で(または夫と)洗車しにいくようになりました。

以前は、洗車などほとんどしたことのなかったTHEO家…

(洗車の記事はこちらです)

smart-campervan.hatenablog.com

 

また、車との生活について、

「結露対策に除湿剤置いてみようかな」「脱いだ靴はどういう管理が楽かな」

など、些細なことですが「どうしたら快適に過ごせるか」を考えるのがとても楽しくなりました。 

    f:id:smart_campervan:20211006151339p:plain

 

キャンプに出かけるハードルが下がった!

もう一点、ハイエースキャンピングカーに乗るようになり、キャンプに対する考え方が大きく変わったので、お伝えします。

それは、

悪天候に強くなった⇒キャンプに出かけやすくなった”

ということです。

例えば、ブログでご紹介しているキャンプだけでも、

と、天気予報通りの悪天候も、予定外な天気の急変も経験しました。

いずれもハイエースキャンピングカーが無いときの自分たちだったら、来たことを後悔したレベルのお天気でした…。

f:id:smart_campervan:20211008145024j:plain

10月の半ば、急に降ったひょうと急激な冷え込み

ですが、キャンピングカーのおかげで、

天気が悪くなったら、車内で過ごせばいいよね!

と考えられるようになりました。

車内にテーブルを出して対面で座って乾杯したり、

   f:id:smart_campervan:20211019102120p:plain

シートをベッドに展開して

f:id:smart_campervan:20211008150553j:plain

リアシートをベッドにしたところ

このような空間でごろごろしながら、テレビを見たり…

テレビについては、すでにご紹介していますが、Amazon FirestickとポケットWiFiで視聴しています。

寒いときも、FFヒーターをつければ車内で快適に過ごせます。

 

キャンプを予定していた日、お天気があまり良くなさそうなときでも、「天気が悪くても楽しく過ごせる空間」があるのは、いつでもキャンプに出かたい立場としては、強みだなと思います。

さらに、キャンプ場に着いてさえいれば、現地で、思いがけず”いい天気になったひととき”に出会えることもあります。

悪いお天気の予報が外れた場合や、予報より早く雨が上がった場合、一夜明けたら早朝から気持ちの良い晴天だった場合などです ♪

 

f:id:smart_campervan:20211008155734j:plain

日差しが差し込んできました

こういった、思いがけなく良い天気になった瞬間が、一番美しかったりしますよね。

 

これまでの記事をふり返りつつ、長々と述べてきましたが、総体的にみて、THEO家の現段階の結論としては、

ハイエースキャンピングカーに乗るようになり、マイナス面もゼロではないが、プラスの面のほうがずっと多い!!

ということに至ります。

 

ハイエースキャンピングカーの購入に関心のある方々のご参考になればよいのですが…。

これからも、細々と「実際どうなのか」についてはお伝えしていきたいと思います 。

 

 

読んでいただきありがとうございます!!

こちらに応援のクリックをいただけると嬉しいです^^

↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村